五島列島・福江島の博物誌〜ハチクマが舞う島〜
ハチクマの渡り2006 飛来 

朝、大陸への飛び立ちが一段落すると、昼前の11時ぐらいからはハチク
マたちの飛来が始まります。青空と秋雲の広がる中、彼らはほとんど突
然に姿を見せます。大陸への長旅を前に、島の森へ降りて休むハチクマ
たち。運がよければ、休憩中の彼らに出会うこともできるでしょう。



     ほんの数秒、別のところを見ている間に彼らは現れた


  オスは黒目がちに見えるのが特徴的(瞳の周囲が黒っぽいため)


       初めて見た突然の急降下。不思議な形となった



 スギの上で休むオス。
 電柱などの人工物には基本的にとまらない


同じくオス。島に降りたハチクマは警戒心が強く、
かなり遠くから近づいても飛び立ってしまうことが多い

(07.3.20記)