五島列島・福江島の博物誌〜ハチクマが舞う島〜
ハチクマの渡り2006・飛び立ち 

福江島・大瀬崎(大瀬山)で観察したハチクマの渡り。
なかなかうまく撮れないのですが、その光景の一端をお伝えしましょう。
2006とありますが、2005年のものもわずかに混じります。



ハチクマの渡る季節、島は6時前後に夜明けを迎える


朝日に赤く染まる秋雲


まだ薄暗い大瀬山


6時18分、少し離れたところから3羽が現れた



大瀬山上空にやってきた数十羽



若いハチクマ。午前中は基本的に逆光なので、
こんなふうに黒っぽく見えてしまうことが多い


次々と飛び立つハチクマ。風の音とコオロギの声の中、音もたてずに旋回を
続ける



眼下の森から舞い上がり、玉之浦町上空を旋回する



この日は飛び立ちの始まりが遅く、かなり日が
上がってから渡りが始まった



遠くの群れに気をとられていると、いつの間にか目の前に



風に乗って大群が上昇していく(画面内73羽)


一瞬、青空の方向へと身を翻した



これから600キロの彼方へと向かう



画面内に100羽 運がよければこれぐらいの群れが
頭上を通り過ぎるシーンも



この日は民放地元局3社が仲良く相乗り取材。2006年は大当たりで
素晴らしい映像を流してくれたらしい



岬の裏側からわき上がった集団。



画面内に115羽。この日は200羽級の集団にも出会った

(07.3.20記)