五島列島・福江島の博物誌 <ハチクマに迫る危機>
岐宿のバードストライク防止実験


08年9月17日、福江入りしたその足で、いや、実際にはレンタカーで
岐宿の風力発電施設に向かいました。少し前に、福江在住の知人から
「岐宿の風発でバードストライク防止策が始まった」と聞いていたからです。
赤いフィルムを貼り付けているとのことだったので、どんなものか早速
見に行ってみたのでしたが、現場について一瞬「?」という思いでした。

                                     (一番左が2号機:08.9.17)

確かに風車に赤い色がついてはいましたが、それは3基のうちの1基(2号機)だけ、
さらにはその3枚のブレードのうち一枚にだけ赤いフィルムが貼り付けられて
いるのでした。なぜ1基だけ、1枚のブレードだけにそんな処理がなされているのか、
不可解でしたが、諸事情により、今回の滞在中には結局わからないままだったのです。
これについては、「広報ごとうVol.50 (08年)」に載っていました。
それによれば「バードストライク防止実験中です」とあり、平成20年9月から21年8月まで
一年間行われると書かれています。



東京に帰ってから五島市役所に聞いたところ、これは環境省の事業で、
(財)日本気象協会が委託を受けているとのことでした。それ以上のことは
わからないそうなので、日本気象協会に聞いてみました。

協会の方によれば、これは環境省の自然環境局・野生生物課からの委託事業で、
3年にまたがるプロジェクトとのこと。全く知りませんでしたが、昨年の9月頃から
今年の8月まで、岐宿地区の風車での一年間のバードストライクや風車への
鳥の接近状況などのデータをとったとのこと。調査頻度は一ヶ月に一度、福岡の
調査専門の業者に依頼していたとのこと。この期間のバードストライクのデータも
数字としては出ているそうですが、まだ調査結果を環境省に納品していないそうで、
それが終わるまでは外部には出せないデータとのことでした。

そして、一年のデータを取り終えた今年9月から、赤いフィルムを貼り付けて
同じように月に一度の頻度で一年間データを取る。そして前年度のデータと
比較・分析を行うという事業なのだそうです。



しかし、なぜ3つの風車があるのに一つの風車のブレード一枚だけに赤フィルムが
ついているのでしょう。この点について聞いたところ、一つには予算の関係上やむを
えないということがあるようです。このフィルムを貼るのには相当な金がかかるのだそうで、
3基全部というわけにはいかなかったということがあるようです。さらに、もう一つの
理由は、トビを使った室内での模型実験(どこかの大学の先生が行ったそうです)で、
こうしたものを複数のブレードにつけるより、一枚のブレードにつけたほうが
視認性が高い(トビが気づきやすい)という結果が出たからだということでした。
なるほど、そういうことだったのですね。
一ヶ月に一度という調査の回数が妥当かどうかはわかりませんが、
とにかく国もバードストライク問題に対して何かしらの対策をとろうとしているのでは
ないでしょうか。日本一のバードストライク地帯は、まさにその実験にふさわしい
場所だったのでしょう。

こうしたことも、鳥が風車に斬り殺されているということが島内外で認識されていく
きっかけになるでしょうか。
しかし、赤いフィルムのように目立つものをつけるというのは、鳥がそこへ近づかないという
効果を生み出すかもしれませんが、そればかりとは限りません。
ある野鳥専門家によれば、それは一方で、鳥の本来の生活圏を奪うことにもなる、
いうことでした。
私たちは鳥たちと縄張り争いをしているのでしょうか。
(08.10.1記)