五島列島・福江島の博物誌 
釜石のイヌワシ衝突死に思う


2008年9月20日といえば、福江島大瀬崎でハチクマの渡り観察がちょうど
盛り上がり始めていた頃です。この日、岩手県釜石市では国の天然記念物であるイヌワシ
死骸が見つかりました。調査の結果、風力発電の風車に衝突したものと考えられています。
マスコミで報道されるのはおよそ二ヶ月後ですが(その間、公表が控えられていたのでしょうか)、
天然記念物クラスの鳥が衝突死したということで、地元ではテレビも含めてかなり報道された
ようです。現場には43基もの風車(運営:ユーラスエナジー釜石)があるそうで、付近はイヌワシの
エサ場になっていたようです。

実は私は、この事件を最近まで全く知りませんでした。全国レベルではほとんど報道されなかったと
思われますので、気がつかなかったのです。しかし、ネットで検索すると今も多くの報道を
見つけることができます。それらによれば、事前の環境影響評価はかなり甘い部分があったらしく
感じられます。

「(事前調査では)同地区にイヌワシの営巣地は確認されず、飛来数も少ないとして着工された経緯がある」
                                              (KAMAISHI NEWS:08.11.18)

イヌワシのことを指しているのか、全ての鳥についてかはわかりませんが、
建設前は、「衝突死は50年に一度」などという声もあったそうです。現実には、建設後4年で
イヌワシを斬り殺してしまいました。
翻って、2009年春には大型風車7基(島内合計は12基となる)が完成・稼働予定の福江島。
福江にはイヌワシはいませんが、毎秋にはハチクマが1〜2万羽もやってくる一大集散地です。
それだけの数のハチクマが島内の森に「離発着」するわけです。
福江島の新風車稼働を待つ業者(新エネルギー企画、九電工、九州電力など)、利権者たちは
イヌワシの事件をどうとらえたでしょうか。

2008年の秋、福江島にやってきたハチクマは二万羽を越えました。
一日で4000羽を越えるハチクマが記録された日もあったのです(最高記録)。
一方、このサイトで公開したように、福江島の風車建設に関する事前の環境影響調査は
問題だらけの代物です。それでも風車は建ってしまうという現実…。
2009年以降、福江島でバードストライクが増加する可能性は高いと思われます。
そりゃあ鳥だってそんなに簡単に衝突するほどバカではありませんけども、
秋の福江島では、通常より衝突の確率を著しく高めるであろう気象状況がしばしば繰り返されます。
それはまた別項で書くことにしましょう。
(09.3.9記)