五島列島・福江島の博物誌 
死に至る霧?



                            (2009.7.20.二本楠付近より)

あと一ヶ月あまりで、福江島はハチクマの渡りシーズンを迎えます。
昨年までと大きく異なるのは、今年2009年の秋には島内のほぼ中央に
巨大風車(ブレード先端まで120m)が7基完成し、稼働を始めている可能性が
高いということです。この風車群はもともと2009年春に完成・稼働の予定だったものの、
なんらかの事情で工期が遅れていました。しかしこの7月にはタワーが次々と
立ち始めたので、9月には稼働しているかもしれません。







 この風車群が建つ場所は、島内でも重要なアカハラダカのねぐらになっており、
木にとまって休むハチクマもよく見られると聞いています。そこへ建つ風車は当然、
彼らの渡りに大きな影響を及ぼす懸念があります。渡りのシーズンに福江島で
離発着する鳥たち(あるいは島内在住の鳥たちもそうですが)がこの風車によって
どのようなことになっていくか、観察をしていかなければなりません。
いずれ斬殺死骸を見つけることにでもなれば、撮影して各所に公表することになるでしょう。

 2008年9月、ハチクマの渡りを観察していた時にこんな日がありました(写真下参照)。
黒い点はみなハチクマです。



この日は海上から続く厚い霧が島を覆いました。こんな時は、夜が明けて島を飛び立った
ハチクマ集団が海上に出ていくのをためらい、
大瀬崎周辺でぐるぐると旋回を続けることがよくあります。
その結果、この日の渡りをあきらめ、島の森に戻っていくことも珍しくないわけです。
こんな時、再び島内に向かう彼らの前には何があるのでしょう。
霧の中で、鳥たちは果たして巨大なギロチンを避けることはできるのでしょうか。
(09.8.12記)