五島列島・福江島の博物誌 
話題になる宇久島、ならない玉之浦



                            (2009.7.20.七ツ岳登山口付近より)


別項でも書いていますが、今年09年、五島列島北部の宇久島に50基もの風車建設計画が
持ち上がりました。完成すれば日本最大規模の風車群ということ、そして島民の多くが
反対しているということもあって全国的にその動向が注目されています。
一方、福江島の玉之浦風力発電については、不思議なことに全く話題になってきませんでした。
福江島は日本一のバードストライク発生地(発生確認地)であり、秋に1〜2万羽ものハチクマ
(環境省レッドリストで準絶滅危惧)をはじめ、多くの渡り鳥がやってくる場所です。
玉之浦風車群は、建てるべきでない場所に建てている、最たる例のひとつだろうと思うのですが、
島内に反対者などわずかだったようですし、マスコミも全く取り上げません。
これはいったいどういうことなのでしょうか。

宇久島と福江島のケースで何が違うのか、私なりに推察してみます。
おそらく、ひとつは宇久島の風車建設規模があまりにも巨大であったからでしょう。
その風車密度は単純計算で1キロ四方に2基、人口3500人とすれば70人に1基(!)となります。
過疎の離島とはいえ、人の住んでいる場所にこれほど高密度で風車を建てようという計画は
聞いたことがありません。この場合、まさに風車建設計画は島民全ての生活に深く関わって
くることになります。島の景観や自然破壊以上に、騒音や低周波による健康問題、
家畜への影響(宇久島では畜産も重要な産業です)などが個々人にダイレクトに
想起されやすいのでしょう。

一方の福江島(玉之浦)ですが、玉之浦の風車7基が建つ場所は比較的人口が
少ないといえる場所です。ですから、現時点で風車が建って困るという人は
おそらくいないのでしょう。建設地から離れて暮らす人々ならなおさらのことです。
しかし、先ほども書きましたが、玉之浦の風車は多くの渡り鳥に影響を与える可能性が
あるものです。それなのに、本当に全国のマスコミの皆さんの中には、これを問題視する人は
いないのでしょうかねえ…。
もっとも、さまざまな自然保護団体からも、福江の風車について疑問の声は
あがっていないように思われます。不思議なものです。

ところで、私はこれまで風力発電そのものは否定しないと言ってきました。
ただ、建てる場所が問題なのだと。しかし、風力発電のことを知るにつれ、
いろいろと疑問がわいてきています。例えば、皆さんの多くは風力発電を増やせば
増やすほど温暖化やエネルギー問題の解決に役立つと思っているでしょう。
本当にそうだと思いますか?それが必ずしもそうではないのです。
風車をたくさん建てれば、危険な原発を減らせると思いますか?
大量のCO2を放出する火力発電所が減ると思いますか?日本の風車は国策によって
どんどん増えていますが、そのおかげで原発を減らせたとか、火力発電量を大幅に
減らせたとか…そんな話、聞いたことありますか?ないでしょう。

減らない、いや、減らせないのです。それは、風力発電が文字通り「風まかせ」の
発電方式であることに起因しています。風が吹かなければ発電量はゼロ。
非常に不安定で、多くを期待してはならない電力。そのために、
常にバックアップ発電が必要な電力。それが、皆さんの多くがエコと信じて疑わない
風力発電なのです。バックアップに火力発電が必要なら、風力発電でCO2を減らせると
いうのは、ある意味でまやかしではないでしょうか。
風力発電の大きな欠点については、電力会社は実は当初からわかっています。
不安定すぎて、多くの人口の生活を支えるメイン電源としては想定できないのです。
ですから、電力会社は風力発電の拡大をあまり歓迎していません。
高コストであるにも関わらず、国策で一定量を買い取らねばならないという
理由で買っているに過ぎないのです。
それならば、なぜ日本で、五島で、風発がどんどん建ちつつあるのか。
そのことはいずれ項を改めて書く機会があるでしょう。
(09.8.12記)