五島列島・福江島の博物誌 
ハチクマは風切る風車を見るか



                              (08.9.25:玉之浦町にて)


2009年9月、いつも通りなら福江島でのハチクマの渡りシーズンが始まります。
今年は島のほぼ中央に大型風車7基が完成・稼働を予定しているので
多くのハチクマファンが懸念をしているところです。

かくいう私も去年に引き続いて渡りを観察しに行く予定であるのですが、
建設が遅れ気味と思われ、実際にいつできるのかがよくわからないので
電話で聞いてみました。
ということで、五島玉之浦風力発電所株式会社(0959-78-7890)によると、
現在のところ完成予定は「9月末ごろ」とのこと。ただ、風が強いと工事が
進まないそうで、今後の台風などによって後ろにずれ込む可能性が
あるでしょう。そして、完成してもすぐには稼働させられないらしいので、
今年、ハチクマを観察しに来るお客さんは新風車の回転を見ることなく終わるかも
しれません。ほとんどのハチクマも、新たにできた巨大な建造物を目にするだけで
それが危険なものであることを認識せずに旅立っていくのでしょうか。

 
                               (09.7.22:建設中の風車)

しかし、仮に今年は風車に斬り殺されるということはなくとも、続行中の建設工事に
よって、付近はねぐらとしては使えないかもしれません。それはそれで
例年とは違う何らかの影響もあることでしょう。

また、風車とは直接関わりはありませんが、ハチクマの観察地に近い、玉之浦湾を
取り巻く道路の改良工事が始まっており、10月中旬頃まで続く予定のようです。
今年も全国からハチクマウオッチャーが集まると思いますが、観察地からすぐそばの
玉之浦地区に宿をとれなかった人々は、ちょっと往復移動に面倒があるかも
しれないですね。実は私もそうですが…。


                   (09.7.13:玉之浦湾)



さて、2009年、今年の渡りはどうなるでしょうか。
去年のようなすばらしい渡りが見られるといいのですが…。



しかし、風車は回らずとも、観察地からそれが見えるようなら景観的に大変残念です。
巨大な電柱みたいなものですからね、風車というのは。
(09.8.31記)