五島列島・福江島の博物誌

岐宿風発でトビの死体を確認



                         (08.5.8岐宿の風力発電施設)

08年のGW前、福江在住の方から岐宿(きしく)の風力発電施設でトビが
死んでいるという情報をいただきました。
ちょうどGW明けに別件で福江に行く予定だったので、その時に確認しようと思って
現場に行ってきました。そして、私自身もトビの死体をこの目で確認しました。
上の写真、画面右側に立っているのが風車の1号機です。風車のフェンスから
およそ21m離れた草原の中、○囲みの部分にトビの死体がありました。
白く見えるものは、目印に置いた私の帽子です。



道からは2mほど。落ちて数日以上たっているようでした。
右側が尾羽です。



骨が露出しています。やはり風車のブレードで斬られたのではないでしょうか。



どのように斬られているのか見ようと思い、持ち上げてみました。
すると下に半ば白骨化した頭が現れました。目にはシデムシが入っていて、
腐敗臭もしました。

昨年の冬には、ほぼ同じ場所でトビの羽が散乱しているのを見つけました。
その一年後にはついに死体に出会うこととなってしまったのです。
さすがは「日本一のバードストライク地帯」というべきでしょうか。
こうした中、ブレード先端まで120mという巨大風車7基の建設が始まります。
(07.5.12記)