目に鮮やかな赤
アカクビナガハムシ (ハムシ科)
Lilioceris subpolita



                                   (2013.7.11:七ツ岳)


★分布:北海道〜九州   ★大きさ:7〜10ミリほど   ★成虫が見られる時期:4〜9月

北海道から九州で見られるハムシ。鮮やかで光沢のある赤が目立ちます。
ハムシはずんぐりした体型のものが多いですが、この種類は胸の部分が
キュッとスマートで、まさにクビナガの名の通りです。


                            (2015.3.31:七岳神社参道)

サルトリイバラやシオデの葉を食べます。サルトリイバラは福江島にあり
ふれているものですので、食べ物には困らないでしょう。


                               (2013.7.6:富江町・繁敷)

成虫は春から秋にかけて見られますが、福江島ではけっこうよく出会うよ
うな印象があります。いや、色が派手なので、目につきやすいというだけ
かもしれません。
1970年代末頃の五島列島生物調査では、中通島と久賀島で記録があ
ります。
(2018.3.30)


※参考資料 「ハムシハンドブック」 文一総合出版
         「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社

           
「五島列島産昆虫目録」 長崎県生物学会編

※一覧へ戻る