赤羽で大きめのハネカクシ
アカバハネカクシ (ハネカクシ科)
Platydracus brevicornis



                                   (2014.6.24:七ツ岳)


★分布:北海道〜九州   ★大きさ:16ミリ   ★成虫が見られる時期:4〜10月

全長15ミリを越える、比較的大型のハネカクシ。北海道から九州の低山
地などで見られます。昆虫図鑑には高確率で載っているポピュラーな種の
ようですが、私はこの時初めて観察しました。
林の落ち葉の上にいたものです。


                                       (2018.4.27:市民いこいの森)

短い上翅(じょうし…前ばね)は赤みを帯び、これが名の由来になっている
ようです。



動物のフンや死骸に集まるほか、他の虫の幼虫なども食べるといいます。
まだ一度しか見ていないので、福江島では多いのか珍しいのか不明です。
石の下でよく見つかるそうです。
(2018.5.8)


※参考資料 「昆虫好きの生態観察図鑑U」 鈴木欣司・鈴木悦子 緑書房
         「昆虫観察図鑑」 築地琢郎 誠文堂新光社

           
「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 福田晴夫ほか 南方新社

※一覧へ戻る