虹色に輝く
アカガネサルハムシ (ハムシ科)
Acrothinium gaschkevitchii



                                (2015.4.12:五島市堤)


★分布:北海道〜沖縄   ★大きさ:5.5〜7.5ミリ   ★成虫が見られる時期:4〜7月

日本各地で見られるハムシで、美しい金属光沢が目に鮮やかです。春か
ら夏にかけ、草地の葉の上でよく見かけます。



ノブドウやエビヅルなど、ブドウの仲間の葉を食べます。福江島にはノブ
ドウが多く見られるので、食べ物は豊富なはずです。また、近年は鬼岳
山麓でワイン造りのためのブドウ栽培も行われているので、そこでは迷
惑な害虫とみなされているでしょう。



メスはブドウ類などの根元に産卵し、幼虫は根を食べて育ちます。                             


                                           (2015.4.12:五島市堤)

体の色にはバリエーションが見られることがあり、沖縄方面ではメタリック
ブルーのものやグリーンのものなど、いろいろなタイプが知られます。福
江島では今のところ、メタリックな虹色(と表現しておきましょう)の、普通の
タイプしか見出していません。
(2016.5.15)


※参考文献 「ハムシハンドブック」 文一総合出版
         「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
         「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社


※一覧へ戻る