これでもコウチュウ(毒に注意!)
アオバアリガタハネカクシ (ハネカクシ科)
Paederus fuscipes



                                (2012.12月:岐宿町・河務)


★分布:北海道〜南西諸島   ★大きさ:6〜7ミリ   
★福江で見られる時期:春〜秋


田んぼの周辺や川沿いなどで目にする小さな昆虫です。派手な色彩をしてい
て、地表を歩き回っていることが多いので、アリの類だろうと思ってしまう人は
多いでしょう。しかし、実はこの虫はれっきとした甲虫(コウチュウ)なのです。
そう、アリではなくて、カブトムシとかクワガタとか、そういう虫のグループだと
いうことです。
上の写真ではちょうど体の真ん中あたり、黒っぽく見える部分があります。
実はここが固い前羽で、その下には小さくたたみ込まれた羽があるのです。
こうした特徴からハネカクシの名があります。ちゃんと飛ぶことができ、夜の
明かりにも集まってきます。

今回は、水田水路のへりを歩いているものを撮影しました。12月です。
けっこう早く歩き、あまりとまってくれません。



アオバ・アリガタ・ハネカクシという長い名前は印象的で、語呂がいいせいか覚
えやすい名前ではないでしょうか。私はこの虫の名を小学生の頃から知ってい
ました。当時持っていた子ども向け昆虫図鑑に載っていたのです。
名前も体の色も面白くて、早々に記憶されたのですが、ひとつ気になる点もあり
ました。「体に毒がある」と書かれていたのです。ですので、子どもとしては、見
てみたい(あるいは捕まえてみたい)けれど、毒をどうやって防げばいいのかと
少々恐れをなしていたりもしたのでした。



それはともかく、この虫は体内にペデリンという毒を持っていて、体液が皮膚に
つくと炎症を起こします。可能性としては、野外でたまたま服などにくっついて、
それを知らずにつぶしてしまうというパターンでしょう。炎症が起こるまでに少し
時間がかかるらしく、そのために原因がつかめないということにもなるとか…。



と、そういう虫なのですが、別にかみついたりとか、そういうことをするわけでは
ありません。普通に見ている分には、なんの問題もなしです。
幼虫はどこにいて、どんな姿をしているのかなど気になりますが、手元の図鑑
には出ていませんでした。とりあえず成虫は雑食性で、成虫の姿で冬を越すと
いうことです。
この日は冬でしたが、同じ場所で4匹も5匹も見られました。けっこう謎多き虫
なのかなと思います。
(2013.12.22)


※参考文献 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
         「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社
         「土の中の小さな生き物ハンドブック」 文一統合出版

※甲虫A一覧へ戻る