よく似た種類が他にも…
アトボシアオゴミムシ (オサムシ科)
Chlaenius naeviger



                                 (2017.6.10:七ツ岳)


★分布:北海道〜九州   ★体長:14〜14.5ミリ   

北海道から九州にかけての広い範囲でみられる、小型のオサムシの仲間。
橙色の脚と2つの斑紋、そして頭部・胸部のメタリックグリーンが目を引き
ます。七ツ岳の登山道で初めて出会いました。



地表を歩き回って小さな虫などを捕らえます。



よく似た種類にムナビロアトボシアオゴミムシ、キボシアオゴミムシがいま
す。アトボシアオゴミムシも含め3種類とも五島列島で記録がありますが、
ムナビロ〜は2つの橙色の斑紋がより中央寄りであるなどの特徴があり、
キボシ〜ではやはり2つの斑紋の形がやや丸みを帯びているなどの違い
があります。参考資料の写真を見比べての結果ですが、アトボシアオゴミ
ムシであろうと考えます。
(2017.6.7)


参考資料  「山渓フィールドブックス 甲虫」  山と渓谷社 
     
  「関東を中心とした地表徘徊性甲虫(HP)」
        「五島列島産昆虫目録」 長崎県生物学会五島列島学術調査団(1981)

※一覧へ戻る