花びらを食べていた
アトボシハムシ (ハムシ科)
Paridea angulicollis



                             (2012.5.4:玉之浦町・小川)


★分布:北海道〜九州、周辺の離島   ★大きさ:5〜6ミリ  ★出現期:4〜6月 

ハムシの仲間は、その名の通り葉っぱの上でよく見られる、小さくて体が
テカテカしている(ことが多い)昆虫です。このアトボシハムシは、キショウ
ブという植物の黄色い花びらの上で初めて見つけました。頭がオレンジ
色で、ベージュ色をした背中側には、黒い斑点が見られるのが特徴です。
上の写真のものは黒い斑点が2つあるように見えますが、そのほかに背
面のちょうど真ん中ぐらいにもう一つ黒い斑点がある場合が普通らしいで
す。しかし上の写真のようなタイプも珍しいわけではなく、この他には黒い
斑点がないように見えるタイプもあるようです。



図鑑によればアマチャズル、カラスウリなどの葉を好んで食べるそうです。
今回は花びらの上にじっとしているように見えたので、撮影しながら観察
していると花びらをかじっていることがわかりました。上の写真でハムシ
のすぐ下、花の表面に黒っぽい部分が見えるでしょう。これは、ハムシが
かじったために穴があいてしまったというわけです。



同じ場所には少なくともあと2匹はいたアトボシハムシ。
みな忙しそうに花や茎の上を歩き回っていました。
(2012.5.27記)


※参考文献  「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
         「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社


※甲虫A一覧へ戻る