シックな色合い
ベニヘリテントウ (テントウムシ科)
Rodolia limbata



                             (2012.5.3:旧福江市・千代田)


★分布:本州〜九州     ★大きさ:4〜7ミリ    ★見られる時期:5〜8月(3〜5月との情報もあり) 

その名の通り、赤色(ベニ)で縁取られています。赤と黒のシンプルな色づかいには
シックな美が感じられます。
私自身はじめて見つけたのですが、発見場所はため池の水路でした。
流れのない水の上に浮いていたのです。全く動かなかったので、私はてっきり水に
落ちて死んだものと思い込んだのですが、一緒にいた弟がいうには、こうして
水面に落ちている虫の場合、仮死状態というか、一時的に動かなくなっているだけの
ことがあるというのです。



そこで指で拾い上げ、ススキの葉の上に乗せて見ました。すると、しばらくして
ゆっくりと動き始めたではありませんか。
生きていたのですね。
写真を撮って拡大してみると、背面には短い毛が細かく生えているのがわかります。



決して珍しい種類ではなさそうなのですが、普通のテントウムシやナナホシテントウに
比べると圧倒的に少ないのではないか?と思います。まだ一回見ただけなので
ちょっと証拠に乏しい推測ですが。
シイの木やカシなどにつくオオワラジカイガラムシなど、カイガラムシの仲間を
食べて暮らしているそうです。
(2012.5.27記)


※参考文献  「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
         「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社


※甲虫A一覧へ戻る