テントウムシに似ている
フジハムシ (ハムシ科)
Gonioctena rubripennis
(Baly)



                                    (2015.5.1:七ツ岳)


★分布:北海道〜九州   ★大きさ:4・5〜6ミリ   ★成虫が見られる時期:4〜7月

テントウムシによく似た姿のハムシで、北海道から九州で見られます。
初めて見た時は、テントウムシ類にしてはなんだか少しだけ長いな?と
思ったことを覚えています。



その名の通り、フジの葉を好んで食べます。その他、外来のハリエンジュ
(ニセアカシア)の葉も好むようです。どちらとも、福江島にはあります。


                               (2015.4.22:七ツ岳)

美しいハムシだと思うのですが、植えられたフジにとっては害虫というこ
とになってしまうのかもしれません。
(2018.3.30)


※参考資料 「ハムシハンドブック」 文一総合出版
         「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社


※一覧へ戻る