島内最大の水生コウチュウ
ガムシ(ガムシ科)
Hydrophilus acuminatus
準絶滅危惧(NT) …環境省レッドリスト2015
絶滅危惧U類(VU) …長崎県レッドリスト2011



                               (2016.8.19:三井楽町)


★分布:日本全国  ★大きさ:33〜40ミリ    ★成虫の出現期:一年中

黒っぽい姿の、ゲンゴロウに似た水生甲虫。日本全国の池や沼、水田な
どで見られます。体長4センチに達し、水生のコウチュウとしてはゲンゴロ
ウと並ぶ日本最大級の大きさです。福江島にはゲンゴロウは生息しておら
ず、大型のゲンゴロウとしてはコガタノゲンゴロウがいますが、こちらは4
センチもありませんので、ガムシは福江島最大の水生甲虫ということにな
ります。水辺で見られるほか、夜間には街灯にもやってきます。


                                           (2016.6.17:岐宿町)

日本各地で激減しており、福江島でも同様かと思います。1980年頃まで
は、五島市木場町(旧福江市)付近でも見ることができました。祖母が、
街灯に寄ってきたものを朝に拾って持ってきてくれたことも覚えています
が、現在、旧福江市地区の大部分では姿を消しています。おそらく、他の
水生昆虫と同じく、ある時代に強烈な農薬が使われたことなどが主な要
因と考えられます。2016年現在、環境省による国のレッドリスト(2015)で
準絶滅危惧(NT)、長崎県(2011修正版)では絶滅危惧U類(VU)という
評価です。

ガムシは漢字で「牙虫」なのですが、その名の由来は、腹部にある後ろ
向きのトゲを牙(きば)に見立てたという説がよく知られています。下の写
真、腹部の真ん中付近に、1本のトゲ状の突起があるのがわかるでしょう
か。



子どもの頃は、ここまでよく見ていなかったので全然知りませんでしたが…。



ガムシの名は、この突起に由来するという説の他、幼虫時代に大きなア
ゴ(牙)を持っているからという説もあるそうです。



ゲンゴロウとどこが違うのか、と思われる方も多いでしょうが、姿以外は
かなり違っているところがあります。
例えば、水中で呼吸するためのしくみです。ゲンゴロウ類では、腹部の先
から空気を取り込んで羽と腹部の間にため込みます。ところがガムシ類
では、触角から空気を取り込むのです。そして、取り込んだ空気は胸の下
側、細かい毛が生えている部分にためます。両者は、同じような姿に進化
しながら、水の中で呼吸する方法は全く異なるやり方を選んだのですね。
実に興味深いことです。

現在の福江島では、ため池や一部の水田で見ることができます。
(2016.8.26)


参考資料 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」(南方新社) 「山渓フィールドブックス 甲虫」(山と渓谷社)
    
 「フィールド図鑑 昆虫」(東海大学出版会)
      「HONDAキャンプ 生きもの図鑑(HP)」

※一覧へ戻る