五島のホタル観察の主役
ゲンジボタル (ホタル科)
Luciola cruciata



                               (2012.6.2:旧福江市・平蔵)


★分布:北海道〜九州   ★大きさ:10〜18ミリ   
★福江で見られる時期:5月後半〜6月前半


ヘイケボタルと並んで極めて有名なホタル。福江でも見ることができ、成虫が現れる
時期には、有名ポイントは見物客でやや混雑?したりするようです。
ヘイケとの違いはいろいろありますが、まず外見的なことからいうと、ゲンジのほうが
はるかに大きいことと、胸の背面(赤いところ)にある模様が違います。ゲンジでは黒い
縦スジがあり、その真ん中部分が横に広がっていて「十字」のようですね。これに対し
ヘイケでは、黒く太いスジがあるだけです。


     <ゲンジボタル>           <ヘイケボタル>

また、生息環境や食べ物も違います。ゲンジは水のきれいな川の中・上流域および
水路などを好み、幼虫はカワニナという巻き貝を食べます。ヘイケの場合は水田や
池など流れがない水辺にいて、幼虫はモノアラガイやタニシなどを食べます。
さらには、ゲンジの成虫が初夏の短い期間に集中して見られるのに対し、ヘイケは
それより出現期間が長い代わりに、ゲンジほどたくさんの成虫を一度に見ることは
難しいのです。
実は光り方も、光の色も違うのですが、興味のある方は調べてみて下さい。

福江では、ゲンジボタルを見ることができる場所がまだ数多くあり、場所によっては
観察会も行われたりするのですが、おおむね5月後半から6月前半ぐらいまでが観察
に良い時期と思われます。有名なポイントでは夜8時ぐらいから、たくさんの光の乱舞
を楽しむことができます。

私は今回(2013年)、初めてホタルの光跡の撮影に挑戦してみました。なかなか難しい
ものの、かなり楽しめるものです。
シャッタースピードを数十秒以上にしなければ光跡は写りません。下の写真は、背景の
森が真っ暗になってしまったのですが、3分の露光でこのような光跡が撮影できました。


                               (2013.6.11:島内某所)

観察していると、盛んに飛び回っている光と、葉の上などにとまっていて、あまり動かない
光があるのに気がつきます。実は飛び回っている多くはオスで、じっとしているのがメス
です。メスは光を放ってオスを呼び、オスはメスを探してあっちこっち、というわけです。

下の写真は、草にとまっていたものですが、メスでした。


                          (2013.6.7:旧福江市・高田)

メスはお腹の光る部分が、「節ひとつ分」なのです(写真下)。オスでは節2つが
光ります。当然ながら、オスとメスの光り方も違ってくることになります。



五島でも初夏の風物詩となっているゲンジボタルですが、福江の有名ポイントの
ひとつを日中に訪ねてみました。


               (2013.6.13:島内某所)

ここは水田脇にある水路で、幅は50センチほどしかありません。
山からのわき水が流れており、水底にはたくさんのカワニナがいました。
カワニナのほかにイモリもいましたし、福江ではもはや絶滅危惧種と言ってもよい
ほど少なくなったドジョウの幼魚が多く見られました。



そして、しばらく目をこらすと、ゲンジボタルの幼虫も見つけることができました。



幼虫のエサになるカワニナがいるだけでは、ゲンジボタルは生息できません。
例えば、福江各地に見られるコンクリートの水路には、カワニナがたくさんいること
があります。しかし、だからといってコンクリ三面張り(両側と水底、全部コンクリと
いう意味)の水路にはゲンジボタルはいません。
その理由のひとつは、産卵に適した場所がないからでしょう。
ゲンジボタルは、水際に生えたコケなどに卵を産み付けます。ホタルが見られる
川や水路では、下の写真のような場所があります。



先ほど、福江ではまだゲンジボタルが見られる場所が多くあると書きましたが、
昔はもっともっと多かったのだと思います。公共工事・土地改良の名の下に、
自然度の高い川や水路をどんどん捨ててきたのが、この数十年です。それは
今も連綿と続けられています。

今年、私が訪れた場所のひとつでは、人家そばで無数のゲンジボタルが舞う
光景が見られました。



昔は普通であったであろう、初夏の夕暮れの一幕。今では福江でも貴重な場所
でしょう。
(2013.7.1)


※参考文献 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
         「紫川大図鑑」 福岡県立北九州高等学校 魚部

※甲虫A一覧へ戻る