重厚なハムシ
ハッカハムシ (ハムシ科)
Chrysolina exanthematica



                                     (2014.2.16:鬼岳)


★分布:北海道〜九州   ★大きさ:7.5〜10.8ミリ   ★成虫が見られる時期:4〜10月

ずんぐりした体型のハムシ。ハムシといえばコウチュウ(甲虫)類の中でも
軽量級というイメージですが、このハッカハムシは大きさこそ1センチ程度
ながら、ずんぐりして重厚な外観を持っています。初めて見た時はとても
ハムシとは思いませんでした。上翅には黒く丸い隆起が列をなして並びま
す。



最近この虫を知人が撮影し、名前を聞かれたのですがすっかり忘れてい
て答えられず、逆に「ハッカハムシだった」と教えてもらいました。



ハッカやヤマハッカ、カキドオシなどシソ科の草の葉を食べます。名前も
ハッカから来ているのでしょう。



2014年発行の資料には、「越冬態不明」とあります。どのような状態(卵、
幼虫、成虫など)で冬を越しているのかわかっていないということですが、
今回出している写真は2月の鬼岳で撮影したものです。少なくとも、成虫
で越冬していることもあるということになるのではないでしょうか。
(2017.8.19)


※参考資料 「ハムシハンドブック」 文一総合出版

※一覧へ戻る