黒くて眼が大きい
ハネカクシ科の一種 (ハネカクシ科)



                             (2018.4.3:富江町・道蓮寺)


★分布:不明   ★大きさ:8ミリほど   ★成虫が見られる時期:不明

林のへりの地表にいた黒いハネカクシ。1センチあるかないかぐらいの
大きさで、眼が大きいのが印象的でした。しばらくすると歩き始め、見失
ってしまったため、十分に接近して撮影できずに終わりました(写真は大
きく拡大しています)。ハネカクシの仲間は種類が非常に多く、名前がつ
いていないものも多いといいます。このハネカクシも、そんな中のひとつ
なのかもしれません。
(2018.5.8)


※参考資料 「昆虫観察図鑑」 築地琢郎 誠文堂新光社
           
「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 福田晴夫ほか 南方新社

           
「五島列島産昆虫目録」 長崎県生物学会編

※一覧へ戻る