ホタル舞う水辺を残したいもの
ヘイケボタル(ホタル科)
Luciola lateralis

絶滅危惧U類(VU) (長崎県レッドリスト2011)



                                     (2006.6.4:六方)


★分布:北海道〜九州   ★大きさ:7〜12ミリ   ★見られる時期:7〜8月に多い

1980年頃まで、福江川中流域の大円寺対岸には田んぼが残っていまし
た。また、福江川そのものも今とはかなり違っていたのです。
その当時は大円寺付近でホタルを見つけることができましたが、今はも
ういません。田んぼがなくなり、福江川の大改修工事が行われたあと、
ホタルは絶滅しました。その後、福江川では旧福江市がホタルの幼虫を
しばしば放流したようですが、全く定着しなかったようです。ヘイケボタル
は流れの速い河川よりも水田や池など、流れのない環境を好みますし、
エサとなるモノアラガイなどの巻き貝の生息状況や、産卵場所などの問
題があったのではないでしょうか。

ヘイケボタルは大きさ7ミリから12ミリほど。北海道から九州で見られ、
幼虫は小川や水田で育ちます。かつて福江川そばでつかまえて持ち帰
ったホタルは家に持って帰りました。暗闇で見ると、その光の明るさに
驚いたものです。


                                 
2005年の5月末頃、私は上五島の中通島で開催中であった「ホタル祭り
」に行きました。これは新上五島町がやっているイベントで、相河川という
川でホタルを見ようというものです。結構な数の人が楽しんでいて、なか
なか見事なホタルの乱舞が見られました。現場の運営テントで音楽を流
していたのには苦笑しましたが、それはともかく、五島市も少しは見習っ
てはどうでしょうか。
私は上五島滞在のあと、福江でもホタルを探し、何カ所かで見つけるこ
とができました。その一カ所が、上の写真を撮った六方(むかた)です。
海岸に近い田んぼが広がりの中に、いくつかのホタルの光を見つける
ことができました。しかし、六方にはホタルはいるものの、観察場所とし
てはお勧めしません。
なぜか。ところどころに外灯があって薄明るい上、そばの車道をひっきり
なしに車が通るからです。ホタルの光も美しさ半減、そして飛ばす車の
走行音がBGMでは、全く興ざめさせられます。2006年は、写真を撮るた
めにだけ六方に行きました。
ホタルを本当に楽しみたいなら、島内でも別のエリアがいいでしょう。
(2007.7.1記)


※甲虫A一覧へ戻る