メスは飛べない 森のホタル
ヒメボタル (ホタル科)
Luciola parvula
絶滅危惧U類(VU) (長崎県レッドリスト2011)



                                (2013.6.7:旧福江市・高田)


★分布:北海道〜九州   ★大きさ:5.5〜10ミリ   
★福江で見られる時期:5月後半〜少なくとも6月中(もっと先まで?)


ゲンジやヘイケと比べて知名度の低いホタルですが、福江にも生息して
います。特徴はまず、ゲンジ・ヘイケに比べて体がかなり小さいこと。10
ミリぐらいのものもいますが、5、6ミリぐらいのものもいて、大きなゲンジ
と比べるとそれこそ半分とか、3分の1ぐらいしかありません。
また、眼が大きいことも特徴です。下の写真は、飛んでいたオスが路上
に降り、私が葉っぱに乗せて運ぼうとしたところ、落ちてひっくり返ってし
まったところ。眼が大きいことがわかるでしょう。



そして、多くの人がホタルといえば水辺と思うでしょうが、ヒメボタルは水辺
ではなく、林や草地などで見られるのです。というのは、ゲンジやヘイケと
違って、幼虫は陸上で暮らしているからです。「森のホタル」と呼ばれるゆ
えんです。

福江にヒメボタルがいることを私が知ったのは、それほど前のことではあ
りません。鐙瀬(あぶんぜ)ビジターセンターにも島内のホタルの資料が
あり、「福江市史」にもその存在について書かれています。ただ、私が実
際に見たのは2013年になってからのことです。
というのは、詳しい生息地や出現時期がわからなかったためでした。それ
が2013年6月、ゲンジボタルを観察に行った時に、偶然にたくさんいる場
所を見つけたのです。
それは島内中央の川に行った時のこと。夜8時を回っていたと思いますが
、林の横にバイクを停めてエンジンを切ったところ、一瞬あたりが真っ暗
になりました。すると、林の中に無数の光が、パッパッとストロボのように
点滅しているではありませんか。その数、おそらくは数百はあったでしょう
が、それが一斉に明滅しているように見えるのです。
おお、これがヒメボタルか!と感嘆しつつも、撮影は全くできずに終わりま
した。

その後、やはりゲンジボタルを観察しに行く途中でヒメボタルがたくさんい
るところを何カ所か見つけることができました。まだ満足のいくものは撮影
できていないのですが、ヒメボタルを撮影すると以下のような感じになりま
す。


                       (2013.6.16:島内某所)

ゲンジボタルですと、ボワ〜という感じでゆっくり長く光るので、長い秒数で
シャッターを切ると、光の光跡が写ります。しかし、ヒメボタルはおよそ1秒
ごとにストロボのように短い発光を繰り返すので、光跡ではなく、光の玉が
点々と写るのです。面白いですよね。


                                (2013.6.17:島内某所)

私が見つけたある場所では、非常にたくさんのヒメボタルを観察できます
。夜8時前になると光が見え始め、林の中に無数の光が点滅します。や
がて道路上でも低空飛行をはじめ、まさに光のトンネルのようです。ホタ
ルにぶつからずに移動するのが難しいほど。なかなか見たとおりには撮
影できないのですが、ゲンジボタルとは全く違ったおもしろさ・美しさがあ
ります。
福江では、ヒメボタルは観察対象として全く認識されていませんが、全国
的には天然記念物にしていたり、観光の売りにしているところもあります。
某放送局の人から聞いたのですが、岡山県のヒメボタル有名ポイントに
撮影に行ったところ、駐車場を確保するために昼間から並ばねばならな
いほどの人気だったそうです。
写真愛好家がたくさんやってくるわけですね。

ちなみに、生息場所は昼間に訪れるとこんな感じです。



福江でヒメボタルがいる場所は、森や林があることと、そばに湿った草む
らがあること。ヒメボタルはクズなどの草の根本に産卵するそうで、幼虫
はオカチョウジガイなど、陸生の巻き貝を食べて成長します。ヒメボタル
が生きるには、こうした環境が必要なのです。
私の、少しばかりの観察から推測すると、ヒメボタルは福江島の全域に
普通に生息します。ほとんどの林道、そして人家近くの林であっても高確
率で見ることができます。ゲンジやヘイケよりも、実はずっと身近にいる
ホタルだと思われます。



ただし、林と草むらがあれば絶対にいるとは限りません。というのは、私も
今まで全く知らずにいたのですが、ヒメボタルのメスは羽が一部退化してい
て飛ぶことができません。つまり、「徒歩のみ」で生活しているのであって、
産卵も、歩いていける範囲でのみ行うということになります。
ということは、定期的な草刈りや、除草剤をまいたりするところでは見られ
ないということになりますし、ある場所に、いい生息地ができたとしても、そ
こにヒメボタルがやってきて繁殖するということはないのです。今は全島的
に数多くいると推測されますが、生息地を壊してしまえば、そこではもう見
られなくなります。
まだ、福江にこうした場所が残されているうちにぜひ、観察してほしいと思
います。私が知っている場所は、人々が車で押しかける懸念があるので
公表できませんが、その光に思わず声をあげたくなるような素晴らしい場
所が、島内にまだまだあるはずです。
(2013.7.1)

(2014.10.12追記)
2014年になって再び撮影を試み、下記のような写真を撮影しました。



2時間ほどの露光で、トリミングはしていません。


※参考文献 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
         「紫川大図鑑」 福岡県立北九州高等学校 魚部


※甲虫A一覧へ戻る