あなたの部屋にも…(きっと、いる…)
ヒメマルカツオブシムシ (カツオブシムシ科)
Anthrenus verbasci



                             (2012.5.6:旧福江市・上大津町)


★分布:日本全国   ★大きさ:2.5ミリ  ★福江で見られる時期:春〜秋

日本全国どころか世界中で見られるという昆虫です。テントウムシのような
体型で、大きさ3ミリほどしかありません。表面には細かい毛が生えていま
す。
昆虫に関心がなければ、名前までわかる人は少ないと思います。しかし、
この姿には見覚えのある方もいらっしゃるのでは?というのは、春になると
しばしば、部屋の中で見つかるからです。今回の写真も、私の部屋の畳の
上にいたものを撮影しました。かつて暮らしていた東京・杉並のアパートに
も、時々現れたものです。下の写真では、定規を横に置いてあります。



なぜ、この虫が室内に現れるのか。それは、カツオブシムシという名前に
ヒントがあります。…といっても、最近はカツオ節というものを見かけない
ような気がするので、若い人にはピンとこないかもしれませんけれど、こ
の虫の幼虫は、カツオ節など、乾燥した動物質のものを食べるのです。
(※写真は全て成虫です。念のため)カツオ節だけではありません。幼虫
は、毛織物や絹織物、動物のはく製や標本なども食べてしまいます。服
を穴だらけにしてしまうこともあり、古くから害虫として知られた虫なので
す。

衣服や標本などに害を与える幼虫の写真は残念ながらありませんが、以
前に、東京の自室内で掃除中に見つけたことがあります。家具をどかした
ら、その下にいたような記憶があるのですが、正直、あまり気持ちのいい
姿ではありません。毛が生えたウジ虫、といったイメージですね。太短い
体の先端(腹部の先)には束のようになった長い毛が生えており、それが
また、気色悪い感じなのです…小さいですけどね。
私は当時20代だったと思いますが、この虫が何かわかりませんでした。
しかし、その時に努めていた会社の先輩に昆虫コレクターがいたので、
たずねたのです。写真もなかったので、その姿を口で伝えました。すると
、ニヤニヤしながら「わかった」と先輩。「それはカツオブシムシですよ」。
こうして正体がわかったのでした。
先輩は、昆虫コレクターにとってこの虫は「永遠の敵」だと言っていました。



ただ、このような幼虫の性質は、逆転の発想で役立てられてもきました。
小型動物などの標本作りです。幼虫は骨は食べないので、標本にしたい
動物の肉だけを食べさせれば、きれいな骨だけにできるというわけです。

ところで、写真のものは成虫ですが、成虫になると幼虫時代とは食べる
ものが変わります。動物質のものは食べなくなり、花に集まって花粉を
食べるようになるのです。キク科の花をよく訪れ、私もヒメジョオンかハル
ジオンの花の上で見たことがあります。
こんなヒメマルカツオブシムシですが、春に部屋で成虫が見られたという
ことは、そこで幼虫が成長したということが想定されます。これを書いて
いる2014年4月にも、これまで2匹の成虫を見つけました。ということは…
いったい何を食べられているのでしょうか…。ハハハと言っている場合で
はありませんよ。あなたの部屋にも現れるかもしれないのですから!
(2014.4.18)


※参考文献 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
         「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社
         「山渓フィールドブックス 甲虫」 山と渓谷社

※一覧へ戻る