赤銅色の中型オサムシ  
ヒメオサムシ(オサムシ科)
Carabus japonicus



                                  (2006.8.5:鬼岳近く)


林を歩き回るオサムシの仲間。本州から九州で見られ、2・5センチほどに
なります。全体的に赤銅色で、光が当たると渋く光っているように見えます。
この種も基本的には夜行性ですが、鬼岳近くの林道では朝から晩まで
活発に活動しています。カサカサ、カサカサと音をたてながら、素早く歩き
回っています。私が知っている場所では数が多く、視界の中に何匹もいることが
ふつうです。

下の写真ではミミズを食べています。この時は木の幹(下の方ですが)に
いました。地上でつかまえたあと、引っ張り上げたのでしょうか。


                           
オオオサムシは平地でも見られますが、このヒメオサムシは畑などでは
見たことがありません。もしかしたら、山地性がより強い種類なのかも
しれません。
(2007.6.30記)


※甲虫@一覧へ戻る