小粒のだ円形  
ヒメカメノコテントウ(テントウムシ科)
Propylea japonica



                               (2006.5.30:岐宿町・浦の川)


大きさ3・5ミリと、普通のテントウムシの半分ぐらいしかありません。
少しだ円形がかった形に薄い柿色、そして黒いスジや斑紋があります。
かなり普通に見られる虫で、外を歩いているといつの間にか服の上を
歩いていることもあります。アブラムシを食べて暮らしています。


 
子どものころは、ナナホシテントウやナミテントウよりもなぜか
こちらのほうが好きでした。子ども向け図鑑にも載っていたので、ヒメカメノコ
テントウという名前も知っていました。その一方で、日本最大の「カメノコテントウ」を
見たいなあと思い続けていました。その後、山梨で見ましたが、
福江にはいないのでしょうか?
(2007.7.1記)


※甲虫A一覧へ戻る