平らで小さなハナムグリ
ヒラタハナムグリ (コガネムシ科)
Nipponovalgus angusticollis



                             (2014.518:旧福江市・野々切町)


★分布:本州〜九州   ★大きさ:4〜7ミリ   ★成虫が見られる時期:4〜8月

ハナウドの小花の上にいた、小さなハナムグリ。測ってみると、5ミリを少
し越えるぐらいでした。以前には、ネズミモチの花にたくさん来ているのを
見たことがあります。
黒っぽい体に、なんとなく茶褐色の模様。コガネムシの仲間としては体が
かなり扁平で、やや角張っている印象です。



成虫は花粉を好み、花に集まってきます。幼虫は朽ち木を食べて成長す
るそうです。





福江島では、かなり普通に見られるハナムグリだと思います。しかし、小
さいので、昆虫好きの子どもたち(→福江では絶滅寸前の存在かも?)に
も、意外と知られていないのではないでしょうか。私も少年時代には全く
気づいたことがありませんでした。
(2014.5.20)


※参考文献 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
         「山渓フィールドブックス 甲虫」 山と渓谷社

※一覧へ戻る