幼虫も不思議な姿
イチモンジカメノコハムシ (ハムシ科)
Anlacophora femoralis



                             (2017.7.1:五島市・籠淵町)


★分布:本州〜沖縄   ★大きさ:7.5〜8.5ミリ   ★成虫が見られる時期:4〜10月

独特のフォルムがおもしろい、8ミリほどのハムシ。上から見ると丸っこく、
一部が透けた装甲をまとっているかのように見えます。
ムラサキシキブ類(ムラサキシキブ、ヤブムラサキなど)の上で見られる
ことが多く、その葉を食べています。写真のものもムラサキシキブの葉の
上にいたもので、2個体が見られました。葉には食べられた痕が文字通り
虫喰い状に残されています。



下は横から見たところ。ジンガサハムシという近い種類がいますが、まさ
に陣笠をかぶったような姿です。



あるいは、カメノコ(亀の子)という名前も納得がいくところでしょう。



下の写真、別場所のムラサキシキブの葉の上にいたヘンテコな虫です。
撮影時は、何かの幼虫であることまでしかわかりませんでしたが、調べて
みるとイチモンジカメノコハムシの幼虫でした。


                                   (2017.7.12:五島市・鬼岳樹木園)

ハムシ類の幼虫は奇抜な姿のものが多く見られますが、これも相当に
不思議な外観ですね。体の上には脱皮したあとの抜け殻や、フンなどを
背負っています。おそらくはカムフラージュのためでしょう。
ところで、名前にある「イチモンジ」はどこを指しているのか今ひとつわか
りません。ううむ。
(2017.8.19)


※参考資料 「ハムシハンドブック」 文一総合出版
         「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社

※一覧へ戻る