北米産の水田害虫
イネミズゾウムシ (イネゾウムシ科)
Lissorhoptrus oryzophilus
日本の侵略的外来種ワースト100



                            (2017.5.17:岐宿町・二本楠)


★分布:北米原産   ★体長:2.5〜3.5ミリ   

北米原産の外来ゾウムシ。体長わずか3ミリほどで、イネの害虫として稲
作農家にはよく知られています。全体は灰白色で、背面に黒っぽい斑紋が
あるのが特徴です。
日本では1976年に愛知県で初めて確認され、その後10年ほどでほぼ
全国に広がったようです。カリフォルニア州から輸入された牧草について
国内に入ってきたとの説が知られています。

これが福江島にもいるとは知りませんでしたが、知人が耕作している水田
に大量発生したとのことで見せてもらいました。イネの葉にくっついていま
した。上手に泳ぐことができ、水中に潜って葉を食べたりもするそうです。



現場の水田では、ほとんどのイネの苗の葉に食べられた痕がありました。



イネミズゾウムシはイネ科やカヤツリグサ科の草の葉を食べ、卵を産み
付けます。葉を食べられたイネは弱り、幼虫も根を食べて枯らしてしまい
ます。このままでは田んぼのイネが全滅するという状況だったそうで、薬
剤で駆除が行われました。



小さな昆虫ですが、大量に発生すると水田に大きな被害を与えます。昔は
島内でもよく被害があったのだと聞きました。
日本生態学会が選定する「日本の侵略的外来種ワースト100」にも入って
います。



オスとメスによる通常の繁殖をする個体群のほか、メスだけで単為生殖
をする個体群が知られています。日本に侵入したものは後者らしく、国内
で見られるものは単為生殖しているようです。写真のものもメスということ
になります。メスだけで増えられるということは、ともすれば大発生にもつ
ながりやすいのでしょう。高い繁殖能力を持った厄介な外来昆虫です。
(2017.6.7)


参考資料  「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」  南方新社 
     
  「国立環境研究所 侵入生物データベース(HP)」

※一覧へ戻る