驚異の水面生活者
ジュンサイハムシ (ハムシ科)
Galerucella nipponensis



                           (2010.10.24:旧福江市小田)


★分布:本州〜九州  ★大きさ:5ミリほど   ★出現期:不明 

晩秋の福江島。ため池に生えている水生植物「ヒシ」の種類を調べようと、
ヒシがあるため池の一つにやってきました。福江市街からもほど近い田
園地帯にある小さな池で、子どもの頃は”小田池”と呼んでいたところです。
種子の形を見れば種類がわかるため、それを拾おうと道路脇の岸辺に
近づいたところ、種子がいくつも浮いていました。採集するため、ひざをつ
いてヨイショと水面に手を伸ばした時、水面に何かが動いているのに気づ
きました。指の爪よりも小さな虫です。運悪く水面に落ちた虫かと思ったの
ですが、その虫はパッと羽を広げ、まるでホバークラフトのように、水面を
滑るように移動しては浮いている小枝や水草にとまります。さらに目をこら
すと、たくさんいることに気づきました。私のそば1m四方でも20匹ほどは
います。岸(道路面)の上にも何匹もいました。



交尾をしているペアまでいたので、この小さな昆虫は明らかに、水面を生
活の場にしているように思えました。写真をよく見ると、足先には毛が密
集して生えているように見えます。水をはじくようになっているのではない
でしょうか。いったい何者なのでしょうか?



福江に持ってきていた図鑑では手がかりがつかめず、インターネットで情
報を探って見ました。すると、「ジュンサイハムシ」という昆虫らしいことが
わかったのです。水生植物のジュンサイやヒシを食べるとのこと。なるほ
ど、合点がいきました。ハムシといえば、雑草の葉を食べる小虫という印
象しかありませんでしたが、このように水辺に進出した種類もいるのです
ね。驚きました。しかし、このジュンサイハムシ、ある図鑑には「害虫」と書
いてありました。時に大量発生し、食用にもなるジュンサイを荒らしてしま
うことがあるようです。福江でも記録されていて、私はまだ見つけていない
ジュンサイ。ジュンサイハムシが食べ尽くしていないことを願っています。
(2010.11.14記)


※参考文献  「新訂 原色昆虫大図鑑V」 北隆館


※甲虫A一覧へ戻る