実はお尻にも…
ジュウシチホシハナムグリ (コガネムシ科)
Paratrichius septemdecimguttatus



                                (2014.516:岐宿町・大曲)


★分布:本州〜九州   ★大きさ:12ミリ   ★成虫が見られる時期:5〜7月

川のそばで、葉の上にとまっていたこの昆虫。初めて見るコガネムシ科の
一種です。体長は1センチを越えるぐらい、かなり小さいですが、黒地の体
には黄色い斑点がちりばめられ、美しいです。じっとしていたので撮影には
好都合でしたが、外せない用事があったため、何枚か写真を撮って引き上
げました。



調べてみると、ジュウシチホシハナムグリという種類でした。斑点を星に
見立て、それが17あるという話なのですが、数えてみても、どうも十七に
ならないような…実際は、どこをどう数えるか、というのがあるのでしょう
ね、きっと。それにしても、印象的な名前です。

ちなみに、これはオス。メスは触角がより小さいので区別ができます。
図鑑によれば、オスもメスも黒いタイプと赤っぽいタイプがあるそうです。
福江にも赤っぽいタイプがいるのでしょうか。
ところで、撮影中に面白いところを見つけました。「お尻」に当たる部分で
す。



そう、お尻の部分に、いちばん大きな斑点が2つ、あったのですね。この
2つは、17の星に数えられるのでしょうか?
今回は確かめませんでしたが、もしかしたら、腹側にも斑点があるかも
しれませんね。
(2014.5.20)


※参考文献 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
         「山渓フィールドブックス 甲虫」 山と渓谷社

※一覧へ戻る