赤い体と大きな触角
カクムネベニボタル (ベニボタル科)
Lyponia quadricollis



                                   (2014.5.10:笹岳)


★分布:本州〜九州   ★大きさ:10ミリ   ★成虫が見られる時期:5〜8月

赤い背面と大きな触角が目立つ、ベニボタル科の昆虫。本州から九州に
かけて見られ、福江島でも春から夏にかけてよく出会います。
上の写真のものはオスで、触角がクシ状になっています。
下の写真はメスで、こちらの触角はやや幅が狭くてノコギリ状です。


                            (2012.5.2:岐宿町・二本楠)

林の中で葉や枝にとまっていたり、林の近くの草地で草にとまっていたり
します。花の蜜を好んで食べます。


                                         (2017.4.13:鬼岳樹木園)

全長10ミリほどしかありませんが、触角が大きいせいか、実物は数字以
上に大きく見えます。また、赤がよく目立つので、小さいわりには目につき
やすいです。


                                       (2018.4.27:市民いこいの森)

低空を飛んでいることもよくあります。あまりスピードはないので、手でも
簡単につかまえることができます。上の写真は、まさに飛び立とうとした
瞬間です。
図鑑によると、悪臭のある液を出すらしいのですが、私はまだ体験した
ことがありません。外敵に襲われたり、危険が迫った時の防御手段なの
でしょうか。
(2018.5.8)


※参考資料 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 福田晴夫ほか 南方新社
         「昆虫観察図鑑」 築地琢郎 誠文堂新光社

           
「五島列島産昆虫目録」 長崎県生物学会編

※一覧へ戻る