黒スジがないものもいる
タテスジキツツハムシ (ハムシ科)
Cryptocephalus nigrofasciatus
Jacoby



                                (2017.7.6:富江町岳)


★分布:北海道〜九州   ★大きさ:2〜3ミリ   ★成虫が見られる時期:6〜8月

北海道から九州で見られるハムシ。全長3ミリ程度と小さいですが、オレ
ンジの強い色合いと太い2本の黒いスジが目に鮮やかです。



ヤマハギやハシバミなどの葉を食べますが、福江島ではおそらくヤマハギ
ということになるでしょう。



カシワツツハムシというそっくりな種類がいて、私も最初はそれだと思って
いたのですが、手元の最新資料により、とりあえずタテスジキツツハムシ
としておきます。ただ、両者の違いについて見解の異なる資料もあります
ので、難しい部分があります。
黒いスジがない個体もいるようです。
(2017.8.19)


※参考資料 「ハムシハンドブック」 文一総合出版
         「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社


※一覧へ戻る