黒羽のウリハムシ
クロウリハムシ (ハムシ科)
Aulacophora nigripennis



                           (2011.9.26:玉之浦町・大瀬山)


★分布:本州〜九州、南西諸島   ★大きさ:6ミリほど  ★出現期:4〜10月 

ウリ科の葉を好んで食べるハムシの一種。同じくウリ科を好み、体が全体
的にオレンジ色をした「ウリハムシ」(別項で紹介)と近い種類で、体型は
そっくりです。こちらは外側の羽と足が黒いのが特徴です。畑のキュウリや
カボチャなどの他にカラスウリの葉にもやってきます。



普通のウリハムシと同じく、人里近くでごく普通に見られます。いろいろな
葉や草で見かけますし、セリ科の花に何匹かでいることもあります。体に
は光沢があり、フラッシュをたくと写真のようにテカリが出ます。みずみず
しい生命感…(笑)という感じでしょうか。



食事中はそうでもありませんが、通常は意外と敏感で、不用意に近づくと
すぐに飛んで逃げてしまいます。もう少し撮りたかったのですが、別のカメ
ラを準備しているうちに消えてしまったのでした。いくらでもいる生きもので
はあるけれど、そういう存在に限って意外と撮影していない。私にとってそ
んな例の一つです。
(2011.12.7記)


※参考文献  「フィールド図鑑 昆虫」 東海大学出版会
         「講談社の動く図鑑 MOVE 昆虫」 講談社


※甲虫A一覧へ戻る