福江では局地的に生息
ミヤマクワガタ (クワガタムシ科)
Lucanus maculifemoratus



                                  (2013.7.12:島内某所)


★分布:北海道〜九州   ★大きさ:オス40〜78ミリ/メス25〜40ミリ   
★福江で見られる時期:7〜8月頃


見るからに強そうな大型のクワガタムシ。オスの持つ立派な大あごは、少年たち
憧れの的ですね。写真のものは、樹液の出ているウラジロガシに来ていたもので、
よく見るとオスの下にもう一匹います。下にいるのはメスで、夢中で樹液を吸って
いるところ。オスは、他のオスにメスを奪われないようにガードしているのです。
大型のオスは体に細かい毛が生えていて、それが白っぽく光って見えます。光の
加減によっては緑がかった色合いを放ち、そこがまたミヤマ的魅力(?)のひとつ
なのです。



オスの大あごは強力で、樹液に集まる昆虫の中でもトップ級の強さを誇ります。
この樹液にはいろいろな虫がやってきましたが、気の荒いスズメバチでさえ、
ミヤマのオスには遠慮していました。相手がカナブンであれば、たちどころに
追っ払ってしまうスズメバチなのですが。この他、アブには蹴りを食らわせて
撃退し、そろりそろりと近づいてきたコクワガタのオスに対しては、サッと大あご
ですくうように投げ落としてしまいました。やはり強い!



このミヤマクワガタ、私が子どもの頃は一度も採ったことがありません。
近所の幼なじみは、島内のどこかに車で連れて行ってもらってミヤマクワガタを
採ったと言っていました。とてもうらやましかったですが、残念ながら私はそう
いった機会に恵まれなかったのです。

実はミヤマクワガタは島内でも限られた場所にしか生息せず、数も多くないよう
に思います。
ミヤマクワガタは乾燥と高温が苦手です。ですから、福江でいえば標高のある
ところ、あるいは水辺に近い涼しい林を好みます。そういった場所を探せば
ミヤマクワガタがいるのですが、現在、福江島の森林は大半がスギやヒノキの
植林地なので、残念ながらミヤマが好む環境が非常に少ないのです。おそらく
昔は福江でも広く生息していたのだと思うのですが、自然林をどんどん伐採・
開発していったことで、今では、子どもたちが簡単に出会えるほどはいなくな
ってしまったのでしょう。



ちなみにミヤマクワガタは日中もよく活動します。私が福江で出会ったものは、
ほぼ全て日中に見つけています。今回紹介しているこのペアも、真っ昼間に
樹液に来ていました。
何時間もそこにいたので、試しに夜も観察に行ってみました。すると…まだ
いました(写真下)。横にはコクワガタのオスもいましたが、この体格差です。


              
福江島で普通に見られるクワガタはコクワガタ、ノコギリクワガタ、ヒラタクワガタ
ですが、これらのオスはみな、大型のものと小型のもので姿がかなり違います。
その点はミヤマも同じです。上で紹介してきたオスは大型で65ミリを越えるサイズ
ですが、下の写真のオスは50ミリ台です。
大あごは小さめで体の前半がスマート、後半のほうが太いイメージですね。


                                              (2013.7.9:島内某所)

ミヤマクワガタとしては中型サイズのこのオス。夕方に木の幹にとまっているのを
見つけました。意外だったのですが、そこは福江市街から決して遠くない林です。
林の中には川が流れています。



たくさんいるかなと思い、試しにワナを仕掛けてみたのですが、集まるのはヒラタ
クワガタやマイマイカブリばかり。その林にミヤマもいるのは間違いありませんが、
数は多くないのかもしれません。


                                               (2013.7.9:島内某所)

現在、私がミヤマを確認しているのは島内数カ所ですが、今後少しずつ生息地を
探っていきたいと思っています。場所は、悪質な一部の昆虫コレクターに荒らされ
ないように、公開は控えます。
福江で自然林を復活させていけば、生息地も広がると思うのですが…。
(2013.7.25)


※参考文献 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
        

※一覧へ戻る