独特のにおいを出すらしい
ムネビロハネカクシ (ハネカクシ科)
Algon grandicollis



(2018.6.16:玉之浦町 幾久山)


◆分布:北海道〜九州  ◆体長:13〜17.5ミリ  ◆成虫の出現期:3〜11月

北海道から九州まで日本の広い範囲で見られる、大きめの
ハネカクシ。
全体は黒っぽく、胸部はワックスでも塗ったかのように強い
光沢があります。触角や脚は赤みを帯びています。
全体的にハサミムシ(全く別のグループの昆虫)によく似ています。



山地から平地でよく見られる種類で、今回は林の脇で見つけました。
かなり早いスピードで歩き回っていて、撮影しようとすると素早く
落ち葉の下などに隠れます。



敏感で、なかなか全身を写すことができませんでした。
ハネカクシの仲間は動きの早い種類が多く、撮影難易度が
高いと感じます。



驚かせたり、刺激を感じると独特のにおいを出すというのですが、
今回は体験できずに終わりました。いいにおいではないのでしょう
けれど…。
(2019.8.16)(2020.6.18改訂)


参考資料
「くらべてわかる甲虫 1062種」 町田龍一郎・阿部浩志ほか  山と渓谷社 2019
「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 福田晴夫ほか 南方新社
「くらべてわかる甲虫1062種」 町田龍一郎ほか 山と渓谷社


※一覧へ戻る