背中の星は28?
ニジュウヤホシテントウ (テントウムシ科)
Epilachna vigintioctopunctata



                               (2008.5.7:旧福江市・野々切)


★分布:本州〜沖縄   ★大きさ:5〜6ミリ

カラムシという植物の葉の上で見つけました。福江に住んでいた子どもの頃から知っている
虫の一つです。畑で非常によく見られました。
テントウムシといえばアブラムシを食べるというイメージがありますが、
この種類は成虫・幼虫ともにナス科の植物やジャガイモなどの葉を食べるのです。
そのため、どちらかというと害虫扱いされています。
一つの野菜の葉に何匹もついていることもあります。



固い羽根の表面には白い粉をまぶしたような毛が生えています。
関東以南の西日本に多いテントウムシです。



名前の「ニジュウヤホシ」はもしかして「二十八星」と書くのでしょうか。
背中の星を数えてみたら、確かにそれくらいの数がありそうな感じなのですが、
実際のところ、どうなのでしょう。星の数は多少違いがあるのか、それとも
決まった数なのか、そうであれば28なのか…。次回はしっかり星が数えられるような
写真を撮らねばなりませんね。
(08.5.24記)


※甲虫A 一覧へ戻る