低空飛行の地上生活者
ニワハンミョウ (ハンミョウ科)
Cicindela japana



                                   (2006.5.31:猪掛峠)


本州から九州、伊豆諸島で見られる2センチほどのハンミョウ。
背面の白い斑点などの模様は個体により違いが見られることもあるそうです。
山地の開けた場所や河原などに多く生息します。
この写真は、林道の茂みの中でたまたま見つけました。これ以上そばに
近づけない場所だったのですが、このあとニワハンミョウはサササと
茂みに消えていきました。
ハンミョウ類の特徴として、危険を感じると地表近くを滑るように飛び、
わりとすぐに着地します。が、うまく近づくとかなり寄らせてくれることもあります。
(2007.7.1記)


※甲虫A一覧へ戻る