泳ぎの秘密は前足に?
オオミズスマシ(ミズスマシ科)
Dineutus orientalis
準絶滅危惧 (環境省レッドリスト2012)
絶滅危惧U類
(長崎県レッドリスト2011)



                               (2009.7.15:三井楽町)


★分布:北海道〜沖縄  ★大きさ:7〜21ミリ     ★出現期:初夏〜秋

三井楽町のとあるため池。初めて来た場所でしたが、ふと岸辺を見ると、
そこにはくるくると水面に弧を描く姿が…福江では30年ぶりに見るミズス
マシでした。しかも、たくさんいるではありませんか。
小学生の時、一度だけミズスマシを見つけたことがあります。今はもうあり
ませんが、福江川のほとり、大円寺の対岸にあった田んぼでのことでした。
その動きを見た時は、「本当にぐるぐる回るんだ!」と、見つけてひどくうれ
しかったのを覚えています。



さて、いい年をした大人になってから再会したミズスマシ…でしたが、よく
見ると、大きいものと小さいものがいることに気づきました。1センチを越
えているこのミズスマシ、それは私の遠い記憶の中と一致する大きさです
が、その半分ぐらいにしか見えない、米粒のようなミズスマシもたくさん見
られたのです。あとで図鑑で調べてみると、こちらは「オオミズスマシ」であ
ることがわかりました。小さいほうはヒメミズスマシだったのです。

こちら、オオミズスマシは体の両端に黄色いスジがあるのも特徴です。

私は30年前を思い出しながら、改めてその動きを観察してみました。する
と、彼らは基本的に岸近くにいることがわかりました。そして、しばらく水面
をくるくると泳ぐと、やがて水面に倒れた茎などにとまって休憩するのです。
私が水の中を歩くと、驚いてみんなが一斉に泳ぎ出します。しかし、2,3
分のうちにはみんな落ち着いてピタッと休憩に入ります。ですから、たくさん
いるのに気づかないということもあるのだろうと思いました。



肉食性で、水面に落ちた虫などを食べます。飼育する時は煮干しなどを
エサにすることができるようです。
ゲンゴロウに近い昆虫ですが、ゲンゴロウは後ろ足が長くなっていて、そ
れをオールのように使って水中を泳ぎます。しかしミズスマシは水面に高
速で円を描くように動きます。いったいどうやってそんな動きをしているの
か?その1つのカギではないかと思うのが、前足の長さです。



一匹だけ網ですくい、手のひらの上で撮影しました。その時わかったこと
は、「前足が長い」らしいことです。きっと、これがあの不思議な動きを可
能にしているのではないでしょうか。それ以上のことは残念ながら私には
わかりませんが…。
(2009.8.6記)

2012年の環境省レッドリスト改訂版において、オオミズスマシが新たに
リストアップされました(準絶滅危惧)。
(2012.10.17追記)


参考資料 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」(南方新社) 「山渓フィールドブックス 甲虫」(山と渓谷社)
    
 「フィールド図鑑 昆虫」(東海大学出版会)


※一覧へ戻る