赤く 丸く 小さい
オオアカマルノミハムシ (ハムシ科)
Argopus clypeatus



                                (2016.4.6:五島市黒蔵)


★分布:本州〜九州   ★大きさ:4〜5ミリ   ★成虫が見られる時期:4〜8月

本州から九州にかけて見られる、赤くて丸いハムシ。5ミリほどの小さな
体で、ハムシの中でもノミハムシと呼ばれるグループに入れられています。
その中では大きいということで、「オオ」なのではないでしょうか。近い仲間
には、オオキイロマルノミハムシなんていう種類もいます。



福江島では、草木の葉の上でときどき目にします。


                              (2016.5.4:五島市間伏)

ボタンヅルやセンニンソウの葉を食べます。福江島ではボタンヅルはまだ
確認していませんが、センニンソウはあちこちにあります。
丸っこいので、テントウムシの仲間に見えてしまうかもしれないハムシです。
(2016.5.15)


※参考文献 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
         「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社

※一覧へ戻る