絶滅が心配される
ルイスハンミョウ (ハンミョウ科)
Cicindela lewisi
絶滅危惧TB類 (環境省レッドリスト2012)
絶滅危惧TA類 (長崎県レッドリスト2011)



                                   (2006.8.6:島内某所)



大きさ17ミリほどになるハンミョウで、干潟が現れる海岸に見られます。
大阪以西の本州から九州まで分布しますが、生息場所が非常に限られているので
開発の影響を受けやすい種類です。現在、環境省のレッドリストで
絶滅危惧TB類に指定(※2012年の改訂で絶滅危惧U類からIB類へ格上げ)、
長崎県のレッドリストでは最高ランクの絶滅危惧TA類
リストアップされています。こんな貴重な虫が福江にいるわけですが、
島の中でも少なくなっています。

2005年の秋、私は福江の某所で、何かを小型ビデオで撮影している
年配の男性に出会いました。私は「何を撮っているんですか?」と話しかけたのですが
不審な目で見られ、あまり快く話してはくれませんでした。ただ、話の中で
ルイスハンミョウも撮影していることがわかりました。男性は島民ではありません
でしたが、長期に渡ってハンミョウ類の調査をしているとのことで、
福江のルイスハンミョウは以前に比べて激減していると言っていました。
男性はこの時、私を昆虫マニアだと思ったようです。後に、撮影したビデオを
送ってくれました。



夏には、交尾しているペアもいくつか見つけました。なんとか順調に繁殖して
くれればよいのですが。
福江のルイスハンミョウが激減しているなら、それは環境悪化のためなのか、
それとも昆虫マニアの乱獲か。あるいはどちらもか。
詳しいことはわかりませんが、ひとつ言えることは、私が知っている生息地も、
本当に小さなエリアだということです。よくこんなところに生き残っているなあ、
と思うような。無配慮な公共工事一発で簡単に彼らは絶滅してしまうでしょう。
五島市さん、ルイスハンミョウの生息地をちゃんと把握していますか?
きっと知らないんだろうなあ…。
(2007.7.1記)

2012年の環境省レッドリスト改訂版において、絶滅危惧U類(2007年)→
絶滅危惧IB類にランクアップしてしまいました。
(2012.10.17追記)


※甲虫A一覧へ戻る