”センチ”って何のこと?
センチコガネ (コガネムシ科)
Phelotrupes laevistriatus



                              (2013.11.4:旧福江市・翁頭山)


★分布:北海道〜沖縄   ★大きさ:17ミリほど   
★福江で見られる時期:春〜秋


メタリックな青紫(色彩には変異がある)に輝く、ずんぐり体型のコガネムシ。
美しい虫なのですが、撮影してみると、なかなか見た目通りの色彩が出ま
せん。ので、実物はもっときれいなのだとご理解下さい。
体は小さく、2センチもありませんが、いろいろな意味で印象深い虫です。

よく知られていることは、この虫がいわゆる「糞虫(ふんちゅう)」であること。
そう、動物のフンに集まるのです。私は東京・杉並区に長く住んできたので
すが、近くに木々の多い公園があり、そこでイヌのフンがモコモコと動いて
いるのを見たことがあります。何かと思って見ていると、フンの下からセン
チコガネが現れたのでした。ちなみに、センチコガネの「センチ」って何だと
思いますか?実は、センチコガネを漢字で書くと、「雪隠黄金」。センチは
「雪隠(せっちん)」から来ているのです。便所を意味する古語ですね。
フンを好む習性からその名が付いていたのでした。


                                              (2013.9.26:七ツ岳)

福江島では、林の中や山道で地表を歩いている姿が見られます。福江島
には、大きなフンをする野生の哺乳類は少ないのですが、センチコガネは
動物のフンのほか、生きものの死がいや腐ったキノコなども食べるので、
大型動物のいないエリアではそうしたものを多く食べているのでしょう。
エサを使ったワナを仕掛けると、わりと簡単に採集できます。
林の地表に紙コップを埋め、肉などを入れておけば良いのです。


 (2013.11.4:旧福江市・翁頭山)

しかし、動物のフンは繁殖には不可欠のようです。成虫はフンの下に穴を
掘り、運び込んだフンを枯れ葉で包んで卵を産み付けます。幼虫はフンを
食べて成長するのです。…ということは、大型動物がいなくなると、センチ
コガネは姿を消すことになるのでしょう。



静岡県の、比較的標高の高い山地では、少し開けた場所でセンチコガネ
が何匹も低空飛行をしているのが見られました。福江ではそういう光景に
出くわしたことはありません。
地域によってはセンチコガネは飛ぶことをせず、地表を歩くだけなのだと
いいますが…翁頭山の山道で出会ったセンチコガネ(写真上)は、撮影の
途中でゆっくり羽を開け、「ブ〜ン」と飛んでいきました。福江のセンチコガ
ネは、ちゃんと飛びます。
(2013.11.12)


※参考文献 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
         「山渓フィールドブックス 甲虫」 山と渓谷社

※一覧へ戻る