日本最大級のカミキリムシ
シロスジカミキリ (カミキリムシ科)
Batocera lineolata



                           (2016.8.12:富江町・繁敷)


★分布:本州〜九州  ★体長:40〜55ミリ    ★成虫の出現期:5〜8月

体長5センチを越える、日本でもっとも大きいカミキリムシの一つ。通常は
日本最大と言われるので、それでよいと思いますが、石垣島や西表島に
分布するコゲチャトゲフチオオウスバカミキリという種類も同じぐらいの大
きさになります。
本州から九州にかけて見られ、福江島にも生息しています。成虫は初夏
現し、秋には姿を消します。



全体はグレーで、背面に白と黄色の斑紋があります。大きいので、昆虫
好きの子どもたちにも一目置かれる存在です。私も福江島の少年であっ
た頃、何度かつかまえた記憶があります。近所の友人が持っているのを
見たこともありますし、小学生当時から、シロスジカミキリという虫である
ことも認識していました。

それから30数年、2016年8月は子どもの時以来、五島のシロスジカミキ
リと久々に出会えた時となりました。正確にいえば、死骸は時々見つけて
いたので、生きたシロスジカミキリを私が福江島で確認できたのが30数
年ぶりということになります。
長いこと見ることができなかった理由のひとつは、福江島の森林環境の
変化ではないかと思います。シロスジカミキリは、人の手で維持・管理され
てきた「里山」あるいは人里の雑木林に多く見られる昆虫として知られて
きました。この何十年かで、福江島では人口密集地近くの自然林がどん
どん伐採されて少なくなり、シロスジカミキリのいるような環境、里山的な
場所が激減したと感じます。



もうひとつの理由は、私がこのカミキリムシの性質をよく理解していなかっ
たことにあるでしょう。シロスジカミキリは日中も見られますが、夜に好ん
で活動することが多いのです。
今回の写真は、全て夜に撮影したもの。樹液が出ているウラジロガシの
木を見つけたので、カブトムシやクワガタが来ているだろうと日没後に
行ってみたところ、シロスジカミキリもいたというわけです。何度か行きま
したが、必ず1〜3個体が見られました。クリやクヌギ、シイ類の樹皮をか
じって食べますが、樹液にも来ることが知られています。

つかまえると「ギイギイ」と音を立てます。これは鳴いているのではなく、
首の後ろのヤスリのような部分をこすりあわせ、音を出しているのです。
音を久々に聞いて、子どもの頃、手にした時のことを思い出しました。



シロスジカミキリはクリやクヌギなどの生きた木に産卵し、幼虫は木の内
部を食べて育ちます。先ほども書きましたが、成虫も生きた木の樹皮を
好んでかじるわけで、人にとって有用な木も傷めてしまうことから、害虫と
されることもあります。



しかしシロスジカミキリは、森の生態系の中でかなり重要な役割を果たし
ているようです。メスの成虫は、クリやクヌギ、スダジイなどの幹に直径1
〜1.5センチほどの丸く浅いくぼみを掘り、その真ん中に深いかみ傷を
つけてそこに卵をひとつ産み付けます。これを繰り返していくと、幹には
丸いくぼみがぐるりと並び、独特の産卵痕ができます。ふ化した幼虫は
樹皮を食い進んで木の内部に入り込み、材を食べながら成長します。
産卵場所からは樹液が出ることが多く、その後の幼虫の活動からも樹
液が出やすくなります。このほか、スズメバチ類やクワガタムシ類、ボク
トウガ(ガの一種)類の幼虫などが木の樹液を出やすくしますが、中でも
シロスジカミキリは大きな役割を担っているようです。彼らのおかげで、
カブトムシやクワガタムシ類、タテハチョウ類などをはじめとした、樹液に
頼って生きる昆虫たちが大きな恵みを得ているのです。



近年、全国的にシロスジカミキリは減りつつあるようなのですが、同時に、
雑木林で樹液を食べ物にしている昆虫たちも数を減らす傾向にあるとい
います。昆虫の専門家からは、樹液を好む虫たちがいなくなっているの
は、シロスジカミキリが少なくなって樹液を出す木が減ったことが大きい
のではないかとの説が出ています。シロスジカミキリの産卵に向いている
のは、あまり大きすぎない木、若い木なのだそうですが、近年は里山・雑
木林が利用されなくなり、人手が入らなくなったため、若木が増えにくくな
っているところが多いようです。スギやヒノキの植林地ではシロスジカミキ
リもカブトムシも生きてはいけないわけですが、自然林であっても、彼らの
生息に向かないところが増えつつあるようです。
つまり、シロスジカミキリは人の暮らしとともに繁栄してきたという側面が
ある昆虫なのです。カブトムシやクワガタなどにも同じことがいえます。
放っておくだけの「自然」が本当に豊かといえるのかどうか、実はいろいろ
なことを考えさせてくれる存在なのだろうと思います。
(2016.8.26)


参考資料 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」(南方新社) 「山渓フィールドブックス 甲虫」(山と渓谷社)
    
 「フィールド図鑑 昆虫」(東海大学出版会)
      「動く図鑑 move 昆虫」 平凡社
     「雑木林におけるシロスジカミキリと好樹液性昆虫はなぜ衰退したか?(論文)」 高桑正敏

※一覧へ戻る