独特の模様で見分ける
トゲヒゲトラカミキリ (カミキリムシ科)
Demonax transilis



                           (2017.4.28:玉之浦町・荒川)


★分布:北海道〜九州  ★体長:10ミリ    ★成虫の出現期:4〜7月

全長10ミリほどの小さなカミキリムシ。北海道から九州にかけての広い範
囲で見られます。モスグリーンの地色に、独特の黒い模様があります。よ
く似た種類が多いですが、模様で区別することが可能です。
名前からすると、ヒゲ(触角を指している?)にトゲ(突起のようなもの?)
があるのかもしれませんが、よくわかりません。



クサギの若葉の上にいました。
春から夏にかけて見られる成虫は、カエデ類などの花の蜜を好みます。



特に珍しくもないカミキリムシのようですが、私が福江島で見たのはこの
時が初めてでした。1981年の「五島列島産昆虫目録(長崎県生物学会五
島列島学術調査団)」には記載がありませんが、その後に行われた調査
で記録されているかもしれません。
(2018.2.10)


参考資料 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」(南方新社)
     
「山渓フィールドブックス 甲虫」(山と渓谷社)
      「昆虫観察図鑑」(築地琢郎著/誠文堂新光社)

※一覧へ戻る