ウリ類の葉を好む
ウリハムシ (ハムシ科)
Aulacophora indica



                            (2011.10.17:富江町・笠山崎)


★分布:本州〜九州、南西諸島    ★大きさ:7ミリほど   ★出現期:4〜11月 

葉っぱを食べるハムシの仲間でも、特に身近なものの一つでしょう。7ミリ
ほどしかない小さな虫ですが、光沢のあるオレンジ色をしているので目立
ちます。成虫は春から秋にかけての長い期間活動し、カボチャやキュウリ
などウリ科の植物の葉を好んで食べるので、畑の害虫としても知られてい
ます。名前通りのウリハムシですが、幼虫もウリ科の植物の根などを食べ
ます。



葉を食べるイメージが強く、植物の葉の上にいることが多いですが、写真
ではボタンボウフウ(セリ科の植物)の花の上にいました。葉だけでなく、
花の蜜や花粉なども食べるのかもしれません。手元の図鑑には、成虫が
崖の土の中で集団越冬している写真がありました。ある年に生まれた成
虫は、翌年まで生きるものが少なくないのでしょう。小さな体ですが、け
っこうな生命力を持っているようです。
(2011.12.7記)


※参考文献  「フィールド図鑑 昆虫」 東海大学出版会
         「講談社の動く図鑑 MOVE 昆虫」 講談社


※甲虫A一覧へ戻る