全体が黒いものもいる
ウリハムシモドキ (ハムシ科)
Atrachya menetriesi
(Faldermann)



                                     (2014.6.19:鬼岳)


★分布:北海道〜九州   ★大きさ:5〜8ミリほど   ★成虫が見られる時期:5〜10月

鬼岳で撮影したハムシの一種で、調べたところウリハムシモドキのようで
す。黄褐色ベースの色合いですが、なかには全体が黒いものなど、色彩に
バリエーションがあるようです。撮影した個体は頭部の後半から眼の周辺
にかけてが黒いです。



メスは腹部が大きくなりますが、この個体はそうではないのでオスなので
しょう。



マメ科の植物などの葉を食べるそうです。
いまのところ観察回数が少なすぎて何とも言えませんが、おそらく島内で
もそう珍しいわけではなかろうと考えています。
(2018.3.30)


※参考資料 「ハムシハンドブック」 文一総合出版
         「昆虫観察図鑑」 誠文堂新光社


※一覧へ戻る