夜行性の大型カミキリ
ウスバカミキリ (カミキリムシ科)
Megopis sinica



                           (2017.8.16:富江町・長峰)


★分布:日本全国  ★体長:30〜55ミリ    ★成虫の出現期:6〜8月

日本各地で見られる大型のカミキリムシ。日本一大きいカミキリムシであ
るシロスジカミキリを横綱とするなら、このウスバカミキリはミヤマカミキリ
などと並ぶ大関クラスといえるでしょう。明るい褐色系ベースの外観です。

基本的に夜行性の種類ですが、日中でも木にとまっているのを時々見か
けることがあります。



複眼が非常に大きいですが、これは夜行性のカミキリムシによく見られる
特徴のようです。
触角も非常に太いです。



撮影時は全く動かず。カミキリムシ類は動き出すと結構早くて、追うだけで
大変ですが、この時は助かりました。



成虫は夏に現れます。夜の街灯にもやってくるので、カブトムシやクワガ
タを採りにそういう場所にいった際に出会うこともあるはずです。
(2018..2.10)


参考資料 「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」(南方新社) 
     
「山渓フィールドブックス 甲虫」(山と渓谷社)
    
 「昆虫観察図鑑」(築地琢郎著/誠文堂新光社)

※一覧へ戻る