北上中の南方系ハムシ
ヨツモンカメノコハムシ (ハムシ科)
Laccoptera quadrimaculata (Thunberg)



                            (2017.5.29:三井楽町・濱ノ畔)


★分布:本州〜沖縄   ★大きさ:7.5〜9ミリ   ★成虫が見られる時期:4〜12月

やや丸みをおびた五角形か六角形、といった感じの体型が特徴的なカメ
ムシ。体の両側に2つずつ、計4つの黒い紋がヨツモンの名の由来でしょ
う。



南方系のカメムシで、国内ではもともと沖縄にのみ生息していたようです。
しかし近年になって九州、四国、本州方面でも見られるようになってきて
います。九州では1999年に長崎市で見つかったのが最初のようです。



食草はサツマイモやノアサガオです。分布拡大中の地域ではサツマイモ
畑に高確率で発生しているといいます。沖縄方面の生サツマイモは防疫
上の理由(害虫侵入の恐れがあるため)で本土への持ち込みが禁止され
ていることから、サツマイモ以外の何かに紛れて本土方面へ入ってきたと
考えられています。



私が福江島で見たのは今回が初めてになります。おそらく、島内でもすで
に普通に見られるのかもしれません。サツマイモを食害しますが、他の
害虫被害に比べて被害が目立ちにくいらしく、見過ごされているのではと
いう指摘もなされています。
サツマイモは五島の重要な産品なので、今後一定の注意が必要でしょう。
(2017.8.19)


※参考資料 
「ハムシハンドブック」 文一総合出版
「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
「九州におけるヨツモンカメノコハムシの分布拡大について (今坂正一)」


※一覧へ戻る