幼虫はサツマイモの害虫
エビガラスズメ  (スズメガ科)
Agrius convolvuli



                            (2015.10.30:旧福江市・上大津町)


★分布:日本全土  ★羽を広げた大きさ:100ミリほど  ★出現期:5〜10月    

大型のスズメガの一種で、日本全国で見られます。私のバイクを覆う黒い
カバーについていたものを、木にとまらせて撮影しました。



全体は褐色系の地味な模様ですが、体は薄い赤と黒、白が並んだ模様
があって目をひきます。


                                  
ガの仲間は嫌われることが多いのですが、スズメガ類は毛が多くてモコモ
コした感じと、眼が大きいことで可愛らしく見えると思うのですが、いかがで
しょうか…。



スズメガ類は羽を斜めに開いた戦闘機のような姿でとまっていることが多
いのですが、この個体はだんだん羽をたたんでこんな姿になってしまいま
した。

エビガラスズメの幼虫はサツマイモなどの葉を食べる害虫とされています。
福江島はサツマイモの栽培が古くから盛んなので、このガは少なくないの
ではないかと思われます。
(2016.1.18)


※参考資料  「昆虫観察図鑑」  誠文堂新光社
       「学研の図鑑1 昆虫」 講談社
       「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社

※一覧へ戻る