よく似た種類もある
ヒメマダラエダシャク  (シャクガ科)
Abraxas niphonibia



                             (2014.4.14:岐宿町・八朔鼻)


★分布:北海道〜沖縄  ★羽を広げた大きさ:20〜38ミリ  ★出現期:5〜7月    

北海道から沖縄(九州付近までという情報もあります)まで、日本の広い
範囲で見られるシャクガの一種。木の葉にとまっているところを時々見か
けます。白地の羽にグレーの丸い斑紋、そして一部に黄褐色が混じる独
特のカラーリング。体はオレンジ色で、黒い斑紋があります。



ユウマダラエダシャクという種類にそっくりなのですが、羽の斑紋で区別
できます。
幼虫はツルウメモドキ(ニシキギ科の樹木)などの葉を食べて育ちます。
そんなに珍しい種類とは思えないのですが、中くらいの図鑑では載って
いないことが多いようです。
(2016.1.18)


※参考資料  「昆虫観察図鑑」  誠文堂新光社
 
※一覧へ戻る