超高速ホバリング
ホシホウジャク  (スズメガ科)
Macroglossum pyrrhosticta



                               (2016.10.14:富江町・岳)


★分布:日本全土  ★羽を広げた大きさ:5センチほど(前翅長:23〜28ミリ)  
★成虫の出現期:5〜10月    

日本全国で見られるスズメガの仲間。ガといえば夜に活動するイメージか
と思いますが、ホシホウジャクは日中に花を訪れます。高速で羽を動かし、
ピタッと空中に静止してストローのように長い口先を伸ばして蜜を吸います。
この仲間は飛ぶ姿がハチドリによく似ているため、動物園などに「ハチドリ
のような生きものを見た」などと問い合わせがよくあるようです。



ホシホウジャクの仲間にはホウジャク、クロホウジャクなどがありますが、
ホウジャクというのは漢字で「蜂雀」と書きます。漢字で見るとなるほどと
納得できますね。ハチと間違えられることも多いようです。羽が透明なオ
オスカシバという種類もこの仲間で、昆虫好きにはよく知られています。
私が福江島の小学生だった頃、この類のガを見かけ、子ども向け図鑑
に出ていた「(オオ)スカシバ」と思っていましたが、もしかしたらホシホウ
ジャクだったかもしれません。



幼虫は、福江島にもたくさん生えているツル植物、ヘクソカズラの葉を食
べます。



福江島では、秋に多く目につく印象があります。道ばたの花まわりや人家
の庭などあちこちで見かけますし、1ヶ所に何匹も飛び回っていることもあ
ります。観察は容易です。

なお、撮影してみると驚かされますが、シャッタースピード1000分の1秒
程度では、羽の動きを止めて写すことは難しいです。4000分の1秒ぐら
いではさすがに大丈夫でしたが、超高速の動きが可能にしている見事な
ホバリングを、ぜひ一度ご覧下さい。
(2016.11.24)


※参考資料 「講談社の動く図鑑 move 昆虫」  講談社
       
「昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」 南方新社
         「フィールド図鑑 昆虫」 東海大学出版会

※一覧へ戻る